“圧着はがき”が選ばれるにはワケがある!

圧着はがきとは、ダイレクトメール等でよく使われているアイテム。圧着したい部分に専用のニスや糊を塗布し、熱と圧力をかけることによって、用紙同士が接着され、中面を隠せるという商品。形やサイズも多種多様。
マージネットでは、印刷から発送までを弊社DMプランナーがトータルサポートすることによって、より最適なダイレクトメールのご提案が可能です。

圧着はがきのメリット

①通常のハガキに比べ、情報量が2倍以上に!
見た目は同じはがきサイズでも、掲載できる情報量が格段に増えます。圧着面を開封すると2つに折るタイプのV型圧着はがきの場合は2倍!さらに3つに折るタイプのZ型圧着はがきの場合は3倍!アピールしたい情報をもれなく掲載することができます。

②心理的効果により、開封率がUP!
隠されているとついつい見たくなってしまうのが人間の心理。その心理をうまく利用することによって、開封される可能性が高くなり、ダイレクトメールの中身までしっかりと目を通してもらうことが期待できます。

③機密性が高く、掲載情報を守る!
特定のお客さまだけに伝えたい特別な情報や必ず伝えたい情報部分を、圧着し隠ぺいして送付することにより、第三者への漏洩を予防することにつながるとともに、開封されたお客さまにとっては、自分だけにといった特別感を演出する効果も期待できます。

④通常のDMに比べ、コストダウン!
はがきサイズの圧着はがきの場合、情報掲載料は2倍以上になりますが、郵便料金は通常はがきと同額で送付が可能です。それに加えいくつかの条件を満たせばさらに郵便料金を抑えて送付することができるようになります。

多少グラフィカル要素を入れてもどうか

選べる2種類の圧着加工

使用用途に応じて2種類の圧着加工をご用意しております。
sec_6
UVニス圧着

ここに説明文を入れる
sec_6
フチ糊圧着

ここに説明文を入れる
 

One to Oneに最適なダイレクトメール

tn_hagaki
数あるダイレクトメールのなかでも、開封したくなってしまう圧着はがきを“パーソナライズ”することで、受け取ったお客さまが感じる特別感はさらに高くなります。
また、限られた紙面の中にそれぞれのお客さまの趣味嗜好に合わせた商品を掲載することができ、レスポンス率が大幅に向上します。(※当社比)
マージネットでは【One to One DM】として、顧客一人ひとりのニーズに最適化したDMを発送し、売上・費用対効果アップを実現する次世代型DMサービスを展開しております。
くわしくはこちらをご覧ください。

One to One の詳しい説明をパンフレットを参考に入れる。  

安定的な品質に向けて

tn_hagaki
これまでオペレーターの目視や感覚に頼る部分が多かった圧着ハガキの圧着強度を測る「剥離検査装置」やニスなどの透明インキや機能性塗布材の膜厚を測る「膜厚測定装置」を導入し、数値で管理することにより正確な品質管理が可能となっています。
 

テンプレートダウンロード

▼UVニス圧着用テンプレート(Illustrator ver.CS4以上推奨)
mrgnews
V型圧着ハガキ
mrgnews
Z型圧着ハガキ
mrgnews
RL型圧着はがき
mrgnews
RW型圧着ハガキ
mrgnews
長3圧着V型
mrgnews
長3圧着Z型
mrgnews
大判圧着A4V型
mrgnews
大判圧着A4Z型
▼フチ糊圧着用テンプレート(Illustrator ver.CS4以上推奨)
mrgnews
封書V型
mrgnews
封書巻3折
mrgnews
A4-4P
mrgnews
A4-6P